×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

著者紹介

愛の音楽家エドワード・エルガー

著者紹介

水越 健一(みずこし けんいち)

 

幼い頃より英国関係の文化に興味を持ち続け、その過程において、オーストラリア在住中エルガーの音楽と出会い魅了される。1994年よりエルガー協会会員となり、現在日本国内での総窓口的存在となっている。
2001年6月、日本初のエルガー専門書「エドワード・エルガー 希望と栄光の国」(武田書店)(2005年第9回日本自費出版文化賞入選)を執筆。
同時に音楽之友社「レコード芸術」誌のレギュラー執筆陣として活躍。その他、東京交響楽団やNHK交響楽団のプログラムノートを執筆。
2007年エルガー生誕150周年では、エルガー自作自演CDボックスのライナーノーツを執筆。
その他、尾高忠明指揮、札幌交響楽団によるエルガー/ペイン、交響曲第3番のCDライナーノーツ執筆。
2005年日本エルガー協会設立。
オーストラリア先住民族アボリジニの民族楽器ディジュリドゥ(イダキ)奏者としてステージ活動なども展開している。

 

エルガー生誕150周年を記念した作品「ディジュリドゥのための序奏とアレグロ」を発表するなど作曲活動も行っている。

 

 

ウィキペディア「水越健一」
https://ja.wikipedia.org/wiki/水越健一

 

著書

 

「エドワード・エルガー 希望と栄光の国」(武田書店 2001)
http://tinyurl.com/3fwkrxl
「愛の音楽家 エドワード・エルガー」
http://tinyurl.com/oc5nfk2

 

Amazonの著者ページ
http://www.amazon.co.jp/-/e/B004LT87VA

 

Facebook
https://www.facebook.com/kmizukoshi

 

愛の音楽家エドワード・エルガー

 

エルガー協会 http://www.elgar.org/welcome.htm
エルガー博物館 http://www.elgarfoundation.org/index.htm
エドワード・エルガー - Wikipedia

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

愛の音楽家エドワード・エルガー電子書籍はこちらからどうぞ


ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る