Elgar's Third

愛の音楽家エドワード・エルガー

Elgar's Third

Elgar's Third

 

A play for radio
on aired on BBC Radio 3 on March 6th 1994
     by David Pownall

 

 

 

 

Sir Edward Elgar(作曲家)/Bernard Hepton
George Bernard Shaw(劇作家)/Denys Hawthorne
Caroline Alice Elgar(エルガー夫人 *1920年に亡くなっている)/Anna Massey
Sir John Reith(BBC プロデューサー)/Crawford Logan
Stanley Baldwin(英国元首相)/John Rowe
Landon Ronald(指揮者)/James Taylor
Father Gibb(神父)/James Taylor
Richard Mountford(エルガーの使用人)/Malcolm Ward
Frederic Delius(作曲家)/John Evitts
Doctor(主治医)/John Evitts
Jelka(ディーリアス夫人)/Margaret John
Mase(BBCキャスター)/Gareth Armstrong
Carice Elgar(エルガーの娘)/Frances Jeater
Thompson(看護人)/Colin Pinney
Fred Gaisberg(HMVのプロデューサー)/Colin Pinney
W.H.Reed Billy(ヴァイオリニスト)/David Timpson

American Girl/Teresa Gallagher
Vera Hockman(女流ヴァイオリニスト=エルガー生涯最後の愛を捧げた相手と言われる)/Teresa Gallagher
Stenographer(速記者)/Teresa Gallagher
BBC engineer/Nicola Jenkins
Pianist/Tony Sellors
Violin,Viola Player/Michael Scofield

 

Director/Martin Jenkins
Stage Manager/Jondon

 

 

【解説】
 「エルガーのロンド」(1993)から1年後に完成された「エルガーの第3」は1994年3月6日にBBC Radio 3にて放映されている。このラジオドラマの最大の意義として注目しなければならないのは、未完であったエルガーの交響曲第3番が断片ながら、初めて実際の音として一般に公開されたという点である。アンソニー・ペインによる解説はその翌年の1995年のこと。
 特に1993年から1995年にかけてはちょっとしたエルガーリバイバルの時期であった。この一連のデヴィッド・ポウナルによる脚本が書かれ、それらはシェイクスピア・カンパニーによる上演とラジオ放映がなされた。94年にはエルガーが編曲したとされるオラトリオ「エマウス」の復活演奏がケンブリッジ・エルガー・フェスティバルで行われ、未完のオペラ「スペインの貴婦人」がパーシー・ヤングの手により完成。さらに同年パーセル作曲でエルガー編曲による合唱作品も復活演奏されているし、この年、ペインによる交響曲3番の解説がBBC Radioで放送される。96年にはTVドラマ「Elgar's Tenth Muse」の製作。そして1997年に交響曲第3番の完成へと繋がる。
 前作の「エルガーのロンド」に比較すると難解さは軽減され、エルガーの人物像も大分穏やかに描かれている。しかし、相変わらずここで描かれるエルガーは素直に心を開こうとはしない。登場人物の数も多く、描写は非常に細かい。前作「エルガーのロンド」で亡霊としてイェーガーが登場するのと同様既に死去しているアリス夫人が登場するが、その声はエルガーにしか聞こえない。エルガーが第3の断片を初めて他人に聞かせたのはガイスバーグと伝えられているが、この劇ではバーナード・ショウが最初に聞く人物として描かれているのは事実と異なっている。

 

Amazon.comの短縮URL http://tinyurl.com/59z2kw

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

愛の音楽家エドワード・エルガー電子書籍はこちらからどうぞ

関連ページ

思い出のエルガー・コンサートへのタイムスリップ
英国の作曲家エドワード・エルガーの人生や作品を詳しく解説した同名の書籍のウエブサイト版。《交響曲第3番(Symphony No.3, op. 88)》思い出のエルガー・コンサートへのタイムスリップ
エルガー/ターナーの3番
英国の作曲家エドワード・エルガーの人生や作品を詳しく解説した同名の書籍のウエブサイト版。《交響曲第3番(Symphony No.3, op. 88)》エルガー/ブルースの3番について

ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る