×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エルガー作詞による作品

愛の音楽家エドワード・エルガー

エルガー作詞による作品

 

 *《花ことば(The Language of Flower)》(1872)
 *《使徒たち(The Apostles)》(1903)
 *《神の国(The Kingdom)》(1906)
 *《たいまつ(The Torch,op. 60 No. 1)》(1909)ピエトロ・ダルバ(ピーターラビット)のペンネームにて
 *《川(The River, op. 60 No. 2)》(1910)ピエトロ・ダルバ(ピーターラビット)のペンネームにて
 *《さすらい人(The Wanderer)》(1923)
 *《ズッ、ズッ、ズッ(Zut, zut, zut)》(1923)リチャード・マードンのペンネームにて
 エルガーがペンネームとして使ったピエトロ・ダルバ(ピーターラビット)とは1905年から1911年の「プラス・グィン」時代にキャリスが飼っていた白ウサギの名前。エルガーは1907年に《4つのパートソング》の第4曲目の「フクロウ(The Owls)」を、このウサギに捧げている。

 

 

〔参考CD〕「The Unknown Elgar」,「Elgar the Complete Choral Songs」,「Elgar Choral Songs」,「The Songs of Edward Elgar」

 

ELGAR'S TENTH MUSE      エルガーの編曲

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛の音楽家エドワード・エルガー電子書籍はこちらからどうぞ


ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る