×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「エニグマ変奏曲」第7変奏Troyte

愛の音楽家エドワード・エルガー

「エニグマ変奏曲」第7変奏Troyte:アーサー・トロイト・グリフィス(1862-1942)

 

 

 

「エニグマ変奏曲」第7変奏Troyte

 

 「エニグマ変奏曲」第7変奏Troyteのモデルとして知られているアーサー・トロイト・グリフィスはエルガーの数多い友人たちの中で最も長く交友関係の続いた人物の一人である。トロイトがスペインでの建築の勉強を終えて帰国した1896年頃からエルガー一家との交友が始まり、彼自身が没する1942年まで続いた。
 トロイトは優れた建築家であるとともに多彩な才能に恵まれていたという。例えば、水彩画でもなかなかの腕前であったし、チェスの名手としても知られている。細身の身体で長身の彼は、周りから「ナインピン=九鍼針=針治療に使用される針」とあだ名されていた。エルガーとともにモールヴァン・コンサート・クラブを設立し、エルガーからピアノを習うなど、音楽にも興味があったようだが、残念ながらこの方面での才能を発揮するには至らなかった。「エニグマ」第7変奏の騒々しい楽想は、エルガーが彼にピアノをコーチするものの、うまく弾けない彼が癇癪を起こし、最後には大ゲンカになってしまう様子を表していると言われている。
 しかし、この点、トロイト自身の意見では少々異議があるようだ。これは、サイクリング仲間である二人がツーリングに出かけたところ、突然の雷雨にあい、慌てて木陰に非難した様子を描いたものだという。確かにこちらの方が説得力あるようにも思える。
 建築家トロイトが残した作品は今日でも現存するものが多い。
 まず、モールヴァン・ヒルの頂上ウースターシャー・ビーコンにある@頂上碑(Toposcope)が代表的なものである。これは1897年のヴィクトリア女王即位60周年を記念して、その1年後に完成したもの。
 次に、グレート・モールヴァンの中心ベルヴュー・テラスからアビー・ロードに入る地点にあるAアビー・ゲート・ウェイ(現モールヴァン・ミュージアム)。トロイトの務めていた建築事務所はこの角にあった。更に、その事務所の経営者の一人は、「エニグマ」第12変奏BGNで描かれたバジル・ネヴィンソンの兄エドワード・ネヴィンソンである。
 そして、1903年建設のBオール・セイント教会。ここは1942年に没した彼自身の葬儀が行われた教会である。その席で「エニグマ変奏曲」から彼自身のテーマである第7変奏Troyteと第9変奏Nimrodがジュリウス・ハリソンのオルガンによって演奏された。これはエルガーの娘キャリスの計らいによって行われたという。また、今日、英国では葬儀の際に「エニグマ」の第9変奏Nimrodが単独でしばしば演奏されることがあるが、この辺がそのルーツとなっているようだ。
 そして、特筆すべきなのは、セント・ウルスタン教会にあるCエルガー一家の墓石が彼のデザインであることであろう。
 他にはDエルガーが住んだ家に掲げられているプレートもまた彼の作品であるし、エルガーのためにEバーチウッド・ロッジを紹介したのも彼である。
 このように彼自身の人生においてもエルガーとの関係は切っても切れないほど深いものとなったのである。

 

 

 

 

 

@ モールヴァン・ヒル頂上碑
「エニグマ変奏曲」第7変奏Troyte

 

A アビー・ゲート・ウェイ(Malvern hills Tourismより)
「エニグマ変奏曲」第7変奏Troyte

 

B オール・セイント教会(Malvern War Memorialより)
「エニグマ変奏曲」第7変奏Troyte

 

C セント・ウルスタン教会にあるエルガー一家の墓石
「エニグマ変奏曲」第7変奏Troyte

 

Dエルガーの家のプレート
「エニグマ変奏曲」第7変奏Troyte

 

D トロイトがエルガーのために見つけてきたバーチウッド・ロッジ
「エニグマ変奏曲」第7変奏Troyte

 

 

 

 

【第7変奏に関しての「エニグマ変奏曲」推薦ディスク】

 

シャルル・デュトワ指揮/モントリオール管
 あまり正統的演奏ではないため、全曲を通しての推薦盤として挙げるつもりはない。しかし、本特集に掲げた第7変奏Troyteの演奏が個性的で抜群に面白い。全体を通じて、デュトワ得意のフランス音楽風の色彩感を施した演奏で、まるでR・シュトラウスかドビュッシーのようなエルガーに仕上がっている。特にTroyteでのティンパニの最強打の一撃は聴きもの。N響での実演でも全く同じように演奏していた。
Amazon.comの短縮URL http://tinyurl.com/6bgtny

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛の音楽家エドワード・エルガー電子書籍はこちらからどうぞ

関連ページ

エニグマ変奏曲
英国の作曲家エドワード・エルガーの人生や作品を詳しく解説した同名の書籍のウエブサイト版。作品紹介1 エニグマ変奏曲
スタンフォードの《レクイエム》と《エニグマ》の謎
英国の作曲家エドワード・エルガーの人生や作品を詳しく解説した同名の書籍のウエブサイト版。スタンフォードの《レクイエム》と《エニグマ》の謎に関する考察。
Elgar's Enigma〜Hidden Portrait
=映像作品紹介=。Elgar's Enigma〜Hidden Portraitおよび1982年BBC製作レナード・バーンスタインを招いての映像作品との比較
ガーディナー/ウィーンフィルによる「エニグマ変奏曲」
英国の作曲家エドワード・エルガーの人生や作品を詳しく解説した同名の書籍のウエブサイト版。ガーディナー/ウィーンフィルによる「エニグマ変奏曲」

ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る