×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヤング補完による歌劇《スペインの貴婦人(Opera in two Acts, Spanish Lady, op. 89)》

愛の音楽家エドワード・エルガー

ヤング補完による歌劇《スペインの貴婦人

 

 エルガーにとってオペラの作曲は常に念願であり続けたが、よい題材になかなか恵まれなかったようだ。一度はトーマス・ハーディの書いた脚本を基にオペラを作曲する話があったが、エルガーとハーディの意見がまとまらない上に第1次世界大戦の勃発により話は立ち消えとなっている。
 その後、エルガーが事実上引退状態でウースターに引っ込んでいた頃、モールヴァン音楽祭の音楽監督であるバリー・ジャクソンや劇作家のバーナード・ショウらと知り合う。これによりエルガーの創作意欲は再び燃え上がり、ベン・ジョンソンの作による「悪魔はロバ」を基にオペラの作曲に取り組むことになる。しかし同時進行の《交響曲第3番》の場合と違って、実際この時には新しい曲相はあまり浮かんでこなかったようだ。結局、過去に作曲してお蔵入りとなっていた曲を、スケッチ・ブックから引っ張り出してきて繋ぎ合わせる作業が多くなった。この辺が《第3》の場合ほど補完が切望されなかった理由かも知れない。
 《インドの王冠》(1912)から組曲として出版されなかった分や、《ファルスタッフ》(1913)、初期の木管楽器集の《4つの舞曲集(Four Dances for wind quintet)》(1879)から第3曲目のサラバンド(Saraband-Largo)などを流用している。特に、このサラバンドはヘンデルかモーツァルト風のメヌエットを思わせる典雅で気品にあふれた曲相で、こういったあまり知られていない作品に埋もれているのは惜しい名曲である。
 結局、《第3》同様この曲も未完のままエルガーの死を迎える。《第3》の場合と違ってエルガーは、この《スペインの貴婦人》に関しては補完を禁止することはなかった。そしてパーシー・ヤングがエルガーの娘キャリスの了解を得て、補完に取り組むことになり、結果45分ほどの作品に仕上げた。この全曲版は、1986年にセント・ジョンズ・スクウエにて、そして1994年11月「ケンブリッジ・エルガー・フェスティバル」で上演されている。その後アンソニー・ペインによる《交響曲第3番》のラジオ公開版とカップリングされ「BBCミュージック」のCDとして録音されている。しかし、一般にはブーレスク、サラバンド、ブーレーの3曲からなるヤングが編曲した組曲の方が今日よく知られている。

 

 

〔参考CD〕
* 歌劇《スペインの貴婦人》 マンソン指揮/BBCスコティッシュ響ほか 
 ヤング補完による全曲版。
* 組曲《スペインの貴婦人》 ボートン指揮/イングリッシュ・ストリング管
 ブーレスク、サラバンド、ブーレーからなる組曲。しかし、3曲目のブーレーは全曲版には入っていない。
Amazon.comの短縮URL http://tinyurl.com/5rxand
* 組曲《スペインの貴婦人》 ボストック指揮/ミュンヘン響 
 ヤングによる別ヴァージョンの組曲で、全曲版をもとにしたオーケストラによるハイライト版。
Amazon.comの短縮URL http://tinyurl.com/5rmn63
*組曲《スペインの貴婦人》 ポープル指揮/ロンドン・フェスティヴァル管
 1956年にヤングが編曲したというもう一つのパターン。5曲からなる。
Amazon.comの短縮URL http://tinyurl.com/5v7rfp

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛の音楽家エドワード・エルガー電子書籍はこちらからどうぞ


ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る